SELECT セレクト カタログ&商品検索の業界サイト

ホーム > 記事一覧 > 記事詳細

暦塚36年祭/全国団扇扇子カレンダー協議会

[カレンダー扇子団扇] 2018-06-12 13:47:36
本堂での焼香
本堂での焼香 
「暦塚」にも香を手向けた
「暦塚」にも香を手向けた

  全国団扇扇子カレンダー協議会(全協)が6月8日、「暦塚36年祭」記念式典を上野不忍池の弁天堂本堂で執り行った。「暦塚祭」は業界発展に尽くした故人を偲ぶ会として、毎年初夏に催される。
梅雨入り後も晴天に恵まれ、全国から駆け付けた遺族、業界関係者22名が参加。僧侶による読経と祈祷が行われ、列席者が順次焼香、その後弁天堂境内(本堂南側)に場所を移し「暦塚」に焼香した。
  「暦塚」は、昭和58年に第70回総会の記念事業として同協議会が建立した石碑である。碑の中には今日の業界を築いた諸先輩故人の名簿が永久保存されている。五年毎に、その期に物故された遺族を招請し、新たな名簿を碑に奉納するなどの記念行事が行われている。
法要の後、ホテルパークサイド上野に場所を移して会食。戸川常務理事の司会により、高田全協会長からの御礼、山本信雄氏による挨拶と献杯が行われ、業界発展に尽力された先人を偲んだ。

会食の様子
会食の様子
ページトップへ戻る